2005年12月14日

水神屋

うな丼@水神屋 うな丼発祥の地の言い伝えがある牛久沼畔・うなぎ街道7店うち5店目の訪問は水神屋です。
 水神屋はテーブル席3卓、小上がり2卓が窓側に面しており、ゆっくり牛久沼を眺めながら食事をすることができます。この時期は白鳥も飛来しており眺めもご馳走ですね。

「うなぎ大好き」の「水神屋」のレポはこちらから
 http://www.unagidaisuki.com/
 しばらくはトップページからリンクがあります。
 リンクがきれた際は、「茨城県のお店」からお入り下さい。



posted by hisa at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ハレのうなぎ屋

鰻 十和田 先月、お誘いを受けた川口の「鰻 十和田」に行って来ました。JR川口駅東口を出て産業通りを浦和方面へ少し歩くと香ばしい匂いが…。匂いのする方へ行くと和モダンな建物が現れます。そうです。そこが「鰻 十和田」です。
 庭を眺めながら踏み石を進むと表の喧騒から隔離された空間へ誘われます。新しさと懐かしさが同居する内装、気分良くお食事をしてほしいと願うお店の皆さんの雰囲気と相まって居心地は抜群です。
鰻 十和田 お昼のコースを頂きましたが、先付から〆のうな重まで職人さん、給仕さんの気持ちが伝わるのは久しぶりでした。
 帰り際に社長さんにその旨を伝えると「私は敷居の高い高級店ではなく、皆様に喜んでもらえる上質な店を目指したいのです。」とのことでした。
 広間もありますから大きな御祝事などはもちろん、ちょっとうれしい日、自分を褒めてあげたい日にも利用したいお店です。
つまり「鰻 十和田」はハレの日に行きたいうなぎ屋さんなのです。

posted by hisa at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

別所

別所沼 別所
 JR埼京線「中浦和駅」から志木街道を浦和駅方面へ5分ほど歩くと別所沼があります。周囲900mほどの別所沼のまわりは別所沼公園として整備されていています。
 その東側の沼畔にお店を構えているのが「別所」です。ランチタイムが11:00〜15:00とほかのお店より長いのがうれしいところです。お部屋から別所沼が一望できる点もさらにうれしいです。
posted by hisa at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

伊豆栄梅川亭

伊豆栄梅川亭 上野で用事をすませ、遅い昼食をとることに…
上野公園の近くにいたので伊豆栄梅川亭に行くことにしました。運良く「ぐるなび」のクーポンを持っていました。グループでしか使えないクーポンが多い中で伊豆栄各店のクーポンは一人から使えるので重宝します。一人から三人はビール中瓶1本サービス、人数が増えると本数も…(^^)
日曜日ということもあり、お客さんの服装を見ると法事のお斉の方が何組もいらした。
私達はレジ奥のテーブル席へ案内されました。お味の方は本店と変わり無く、普通に美味しかったのですが、一人とても気配りが出来る仲居さんがいらして接客がとても引き締まっている印象を持ちました。

posted by hisa at 20:05| Comment(1) | TrackBack(1) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

尾花で筏

尾花 何だか無性に尾花のウナギが食べたくなりました。どうせ尾花でウナギを食べるならば、まだ食べたことない大串、中串、筏のお値段時価トリオのどれかを食べたい欲求が高まりました。
 せっかく行ってないと困るので電話で確認すると今日は大串はないそうで、中串、筏はあるそうです。ちなみに今日のお値段は、中串が8500円、筏が13000円とのことでした。思案の結果、大奮発で筏を注文することを決意していざ出陣?!

待望の筏は…
posted by hisa at 16:25| Comment(5) | TrackBack(7) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

うな百@三郷

うな百@三郷 今日、10月2日はうなぎ大好き夫婦・夫の母方の祖母の祥月命日で、お墓参りに行って来ました。菩提寺は葛飾区水元にある遍照院というお寺で、子供のころは近くの「根本」でお昼が定番でした。今日は根本ではなく以前「うな百→石茂」で書いたように定休日に行ってしまいふられた「うな百」に行きました。
 頂いたのは、特上鰻重と鰻のにんにく焼きです。鰻のにんにく焼きは、にんにくのスライスを短冊状の鰻で巻き、タレで焼いたものでいかにも精がつきそうという感じです。注文を受けてから調理を始める鰻重もコクのあるタレを炭火で焼き上げて、やはりスタミナ充分になりそうな蒲焼きです。

「うなぎ大好き」の「うな百」のレポはこちらから
 http://www.unagidaisuki.com/
 しばらくはトップページからリンクがあります。
 リンクがきれた際は、「埼玉県のお店」からお入り下さい。
posted by hisa at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

ひょうたん屋

ひょうたん屋 都内で用事ができたため、うなぎ大好きとしてはランチはやっぱりうなぎですよ造。(^_-)-☆ 今日、目指すのは銀座1丁目の「ひょうたん屋」です。東京駅から銀座の間に何軒か良い匂いをさせているうなぎ屋さんがあり、誘惑に負けそうになりました。でも、やっぱり炭火の煙が一・だったのはひょうたん屋でした。蒸さなくても柔らかく仕上げられるお手本のようなうな重を頂きました。

「うなぎ大好き」の「ひょうたん屋」のレポはこちらから
 http://www.unagidaisuki.com/
 しばらくはトップページからリンクがあります。
 リンクがきれた際は、「東京都のお店」からお入り下さい。


posted by hisa at 22:00| Comment(8) | TrackBack(10) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

割烹たべた

特選天然うな重@たべた 時代劇好きの方はご存知の天保水滸伝・笹川繁蔵の地元である千葉県東庄町にある「割烹たべた」で天然鰻を頂きました。小見川のうなせんさんはウナギの身が上等のお豆腐のような食感になるまで蒸しあげますが、こちらでは、身をしっかりさせた蒸し方です。どちらも共通するのは泥臭さというか嫌な臭みはない。口に入れたときに鼻へ抜ける川の良い香りがすることです。
posted by hisa at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

つくばエクスプレス開業

image/unagiblog-2005-08-24T10:55:18-1.jpg本日、つくばエクスプレスが開業しました。八潮駅で通過の快速を写しましたが速くて?ピンボケf^_^;
posted by hisa at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

八幡屋@市原潤井戸

八幡屋 木更津にやって来たので去年の秋にお嬢さんが掲示板に書き込みを頂いた「うな泉」さんに行ってみたら運悪く休みでした。
そこで帰り道にあるうるいど「八幡屋」に行きました。お盆があけて夏休みをとる飲食店が多い中、営業しているためでしょうか、お客さんが引っ切り無しです。
 また、八幡屋の特徴のひとつがメニューの豊富さ。あればいいなとかありそうでなかったメニューがあります。

そんな中でも
posted by hisa at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

やっこ@田原町

image/unagiblog-2005-08-07T15:43:12-1.jpg土用の丑の日まではうなぎ大好きへのアクセス数が文字通りうなぎ登りでしたが、丑の日から10日が過ぎて落ち着いて来ました。
うなぎ屋さんも落ち着いた頃だろうと約半月ぶりで出掛けました。伺ったのは浅草田原町の老舗「やっこ」です。
posted by hisa at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

掲載100店舗目

かぶと@池袋 「うなぎ大好き」の掲載100店舗目は何処にしようかと迷っていたが、成り行きに任せることにした。そしてその成り行きが昨日やって来た。池袋で映画「姑獲鳥の夏」を見ることになり、その帰りに「かぶと」によることになった。
 入店したのは17:30頃でしたが、カウンター8席、テーブル、座卓1卓ずつのあまり広くない店内は常連客で半分以上うまっていました。ご主人が焼物、それ以外を奥さんが手際よくこなしながらお客さんと絶妙の掛け合いで捌いていく。お客も鰻と一緒に料理されている楽しいお店でした。
posted by hisa at 17:47| Comment(3) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

芳野屋に行ってきました

芳野屋 早速、芳野屋に行ってきました。6月21日に銀座通りに新装開店したそうです。無垢の木材を使用した外観は最近の流行ですが、入口と焼き場との間に活き鰻を入れる水槽をオブジェ風に配置したのはデザイン的にも実用的にも面白いです。店内もモノトーンと木の風合いを活かしたデザインで落ち着けます。肝心の鰻も中はふっくらで外は香ばしく仕上がり、美味しいです。
 おすすめメニューは「生むしうなぎ」だそうです。関東風の蒲焼は割き→白焼き→蒸し→タレ焼きの工程ですが、割いたらすぐ蒸すのだそうです。
 営業時間は11時半から夜10時まで、28日の土用の丑の日までは無休で頑張るそうです。

「芳野屋」  04-7164-0640
posted by hisa at 17:32| Comment(1) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

鰻重@越谷

鰻重 うなぎミュージアムの「埼玉のうなぎ処」で美味認定トップに君臨する「鰻重」、コメントには「肉厚で柔らかい、うな重最高でした。癖になりそうです。男性」とか「蒲焼定食がデカくてびっくり!!そしておいしいっ!あの値段では安すぎます。とにかく行ってみて下さい!!女性」との書込みがあります。しかし、ネットの他の情報はあまりありません。どんなうなぎ屋さんか、ずっと興味がありました。
 江戸川、中川を越えて行ってきました。近日、「うなぎ大好き」に鰻重のページをアップしますので、請うご期待!うなぎミュージアムのごひいき認定のコメントに間違いはなかった。

「鰻重」の情報はこちら
posted by hisa at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

そめやうなぎ店

そめやうなぎ店

 東京近郊は昨日から真夏日で少々ばて気味。夏ばて解消はやっぱり鰻でしょう、ということで、先日、Uさんからご推薦を頂いた「そめやうなぎ店」に行ってきました。上の写真は店の壁につけてある噂の「営業案内」です。
うなぎ大好きお客様は入店大歓迎! ということカナ。
posted by hisa at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

うな百→石茂

うな百看板 三郷の延命院の近くに「うな百」という炭火焼のうなぎ屋さんがあると聞き、訪ねていきました。しかし、看板にありますように残念ながら水曜日が定休日でした。参考までに「うな百」の情報を

「うな百」
住 所  埼玉県三郷市番匠免1丁目217-1
TEL    048-952-2588
定休日  水曜日
営業時間 11:30〜14:00 17:00〜21:00


気を取り直して三郷駅近くの「割烹 石茂」へ
posted by hisa at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

元祖うな鐡

元祖うな鐡 出光音楽賞受賞者ガラコンサートのチケットが当選しました。初台の東京オペラシティコンサートホールに於いて開場18:30、開演19:00ですが、当選葉書と座席指定券をあらかじめ交換するのが16:00からで時間が空いてしまいました。
 そこで渋谷の「元祖うな鐡」で早めの夕食をとりました。「元祖うな鐡」は鰻の串焼きが評判なのでビールと一緒にといきたいところですが、コンサートが控えているので控えめに(^^ゞ
posted by hisa at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

うなぎのお土産おこわ

うなぎのお土産おこわ 映画やドラマなどのロケの時に出されるロケ弁の中でデパ地下でも買えると紹介されたこともある「おこわ米八」
 定番のおこわの他に四季折々の旬の食材を使った季節限定のおこわがあり、夏は「ちりめん夏梅おこわ」と「鰻おこわ」です。早速、鰻おこわに鰻の蒲焼きがのった「うなぎのお土産おこわ」(税込1000円)を買ってきました。蒲焼きは中国産の良い部類という感じで特筆することはありませんが、おこわはさすが専門店だけあります。もち米と鰻の相性がこれほど良いとは…。美味しい再発見でした。
posted by hisa at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

竹葉亭本店

竹葉亭 竹葉亭本店でお昼のコースを頂きました。話題の汐留地区と目と鼻の先にあるというのに竹葉亭本店は大正時代にタイムスリップ体験が出来ます。趣のあるお庭を眺めながら離れお茶室で頂く鰻のコースは雰囲気は満点!接客も予約の時間に行くと中居さんが玄関で待っていて「○○様ですか?お待ちしておりました。」と迎えてくれればあとは押して知るべし、大満足!もちろんお料理も絶品

その内容は…
posted by hisa at 12:59| Comment(2) | TrackBack(3) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

お賀川

特上うな重@お賀川 「Kashiwa Walk」の掲示板に大和田に天然鰻が入荷したという情報があり、昨日の昼に行ってみた。11:20頃入店したが、すでに満席で2組待ち状態。1時間半〜2時間は待ちそうなので泣く泣く退散した。
 そこで先月行ってお休みだった「お賀川」に電話するとやっているというので一路、湖北へ。うな重・特上と白焼ご飯を頂いた。もう少し香りがほしいというのが印象。お重の蓋を開けたときの香ばしさ、鰻を口に入れたときの鼻へ抜ける香り、こういう香りが鰻の旨さをいっそう引き立てていると思う。
posted by hisa at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。