2009年07月22日

うなぎ御蒲焼き所 鰻家の特上には脱帽

 19日の丑の日はファミマのうな重だったので美味いうなぎが食べたい欲求が高まっている。
  翌日、南長崎の「うなぎ御蒲焼所 鰻家」へ予約の電話を入れた。女将さんが出るものだと思っいたら男の人が出た。どうやらご主人のようだ。 ネットでは怖いとか愛想がないといった声があるが全くそんなことはなく、すごく丁寧な対応だった。 当日の朝も予約確認の電話まで頂いて恐縮してしまった。 予約時間を30分早めてくれるようお願いすると白焼きに時間がかかるので少しお待たせしてもよろしければとのこと。 うなぎ屋さんでは待つのが当たり前、よろしくお願いしました。
 予約時間の丁度に暖簾をくぐり、小上がりに腰を下ろし、待つのを考慮してビールをお願いするときも焼きがすぐだされた。レバーなどを芯に丁寧に刺されたおおぶりの物だ。ほろ苦さと噛み応えのバランスがいい。 まず一人用のすり鉢に入った白焼きのタレが運ばれた。削り節の入った出汁醤油らしい。白焼きは大きな角皿に串に刺さった状態で提供される。
 
白焼
白 焼
 まず、何もつけずに白焼を食べる。鰻の脂の甘みと旨みが口の中にふぁーと広がる。山葵をのせてタレにつけるとまた違った味わいが、旨みが引き立つようだ。
 
白焼に山葵をのせてタレにつけて
白焼に山葵をのせてタレにつけて
 
 うな重の特上のお出ましだ。きりりとしまった辛口のタレだが、最後に甘みが広がる何とも言えない上品かつ美味しいタレだ。鰻の旨さも存分に引き立てている。また、焼き方の絶妙だ。皮はカリカリッと香ばしく、身はふっくらと柔らかい。
 
うな重・特上
うな重・特上
 
 今日頂いたのは、愛知一色産だそうだ。帰りに立場を見せて頂いたが、特上とそれ以外の鰻は活鰻を見ただけで違うと分かる青みがかった丸々とした上物だ。時期にあわせて最上のものを用意しているのだろう。時価という値付けも納得が出来る。ちなみに今日の白焼、うな重ともに特上のお値段は5000円+消費税。
 
愛知一色産の活鰻
愛知一色産の活鰻
posted by hisa at 18:38| Comment(2) | TrackBack(3) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

築地の丸静

 午後から築地本願寺で法要があったので前から行ってみたかった「丸静」でお昼をとることにした。晴海通りの牛丼の吉野家・築地東店の角を曲がると黄色地に黒文字のうなぎ蒲焼きの幟のあたりには、行列が・・・。ちょうど正午を頃なので仕方がないと歩を進めると並んでいるのはお隣の「かつ平」のお客さん?・・・。いえいえ丸静の前にも先客がいらっしゃいます。さすが丑の日間近ですね。

白焼
白 焼

 注文は、来る前から決めていたんです。白焼とうな重の尊。どうしてかって?食べログの丸静の料理写真へ登録がまだなかったからですわーい(嬉しい顔)

 白焼は、おろし生姜と山葵が付いてきます。あとでご主人に聞いたところでははじめはおろし生姜だけだったそうですが、ネットで山葵がないという書き込みがあったので両方つけてしまったそうです。江戸下町の気さくな親父さんという雰囲気のご主人なら「べらぼうめぇ」って感じだったのかな
 生姜に負けない鰻が出せる自信があってのことだと食べて判りましたよexclamation×2

うな重 尊
うな重 尊

 ほとんどのお客さんは、蒲焼き3枚の「連」か「臣」を注文。一人でここのボリュームたっぷりの蒲焼き4枚はきついかも 相当の大食漢か鰻に飢えている人意外は3枚が限度ですよね。うちらも2人で白焼と蒲焼合わせて3枚ですからね。

 帰り際にご主人と女将さんが「忙しくて相手できなくてごめんね。この時期以外なら1時を過ぎると空くからさ。」 また、行くしかないでしょわーい(嬉しい顔)るんるん
posted by hisa at 22:47| Comment(1) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

小田原の老舗・松琴楼

 小田原の老舗・「松琴楼」は、桂離宮にある幾つかの茶亭のうちの松琴楼を模して名づけられたそうです。創業は、江戸時代の末期のことですが、現在のお店も歴史とお客様に愛されているのが感じられます。  メニューで目を引いたのなま肝(105円)です。丁寧にした処理された生のうなぎの肝を日本酒に漬けたもので、コリコリとした食感です。
 また、このお店の特徴は、調理前のうなぎの目方で値段のランク付けしていることです。
うな重
うな重
 うな重は、140g(1260円)、200g(1785円)、230g(2100円)、250g(2310円)、300g(2730円)の5段階。230gのを頂きました。柔らかく蒸しあげられたうなぎにあっさりしたタレをまとわせています。タレの染みたご飯にはタレの味がはっきりとしているのでうなぎの味を引き立てる老舗ならではの絶妙の配分なのでしょう。  うな重セットにお刺身が付いたうなぎ弁当は、140g(1575円)、200g(2100円)の2段階で、200gのを頂きました。
うなぎ弁当
うなぎ弁当
 タレの味の好みは、分かれると思いますが、うなぎの味が素直に出てしまうこのタレでは、まずいうなぎは仕入れられません。そのことを考えるととてもリーズナブルな価格の老舗店といえるでしょう。
posted by hisa at 19:39| Comment(2) | TrackBack(1) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

かどかわ

 かどかわ
かどかわ
 「うなぎ大好き掲示板」に佐原囃子さんから成田市の「かどかわ」を推薦する投稿がありました。

このお店は蒸す工程の変わりに、湯通しをします。
皮目パリパリに、少し甘めのタレです。
昨年来、ファンになってしまいました。
「い志ばし」さんは、小生には弾力が有りすぎます。

 皮がパリパリ?!い志ばしより柔らかいの?!
 美味しそうじゃないですか!! 
 もう行くしかありませんよね。前から気になっていたんですから。 しかし、私は水曜が休みなので水曜日が定休日のお店にはなかなか行くチャンスがありません。い志ばしもかどかわも水曜日が定休なのです。「かどかわ」は「い志ばし」の宗吾街道をはさんだ向かいにあります。今日は、水曜ですが、建国記念の日で祝日。い志ばしは水曜が祝日にあたるときは営業しているのでかどかわももしかして営業しているのでは?と出かけてみたら幸いにも営業していました。しかし、店の前の駐車スペースも店の隣の駐車場も満車。少し待って車を駐め、入店すると4組待ちだそうです。さらに待って奥の座敷に相席ですが座れました。

鯉こく
鯉こく

 食べログの情報では、うな重は上うな重のみで1400円(吸い物・お新香付)でした。今日の時点で値上げはなし。外で待って寒かったので冬季限定の鯉こくも頼みました。  相席の先客のうな重より先に私の鯉こくが到着。川魚臭さは全くなく、さすがに大骨は無理ですが背骨の部分は骨まで柔らかい。薄味の味噌仕立てで柚子の香りがします。
上うな重
上うな重


鯉こくを美味しく頂いたところでうな重が到着。で、でかい!都内で食せばリーズナブルな店でも余分に1000円以上は支払わならないくらいのサイズ。

 佐原囃子さんのおっしゃるように皮目はパリパリで甘めのタレを纏っています。しかも中はふっくらです。ご飯の量もたっぷりあります。大盛りサービスを頼まなくても充分大盛りです。
 美味しく食べて満腹で玄関を出ると暖簾は下げられ、「本日は終了しました」の札が・・・。14:00前に売り切れ仕舞いでした。
 
posted by hisa at 16:57| Comment(1) | TrackBack(1) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

正木屋

うな丼
うな丼
 千葉県庁に用事があり、近くのうなぎ屋さんをネットで検索すると「食べログ」のトップに「正木屋」がヒットした。

千葉県庁から「京成千葉中央駅」へ行く途中、「Qiball」の向かいの小路を入ったところにあります。

営業は11:00から22:00(ラストオーダー21:30)までで中休みなしです。昼時に食べはぐった時には助かります。かく言う自分も遅いお昼のため15:00頃入店です。

うな重ものは1575円のうな丼から3150円の特上うな重まで税抜き価格で500円刻みに4種類。

うな丼を頂きました。リーズナブルな価格ながらのっている蒲焼きは1尾分。身の薄いのは言いっこなし。
さっぱり系のタレを固めご飯に良くまぶしてあり、美味。お新香に奈良漬けが入っているのもポイントを上げています。
posted by hisa at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

浅草川松別館

浅草の観音様にお参りに来て川松別館でお昼。

本店は雷門通り沿いにあり、別館は雷門通りから浅草寺とは逆側に少し入ったところにある。

平日お昼のお目当ては「お昼のいかだ」だ。ところが、今日7日までは正月メニューで「お昼のいかだ」はお休み(>_<)

仕方なくうな重の中と大を注文。お茶を飲んでいるとうな重到着。早!
お重の中はご飯が薄く敷かれその上に蒲焼きが鎮座しており、見た目は高級感が漂っています。

蒲焼きを口にして??香りの良い山椒に助けられました。
posted by hisa at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

2008年のうなぎ納めは三島の桜家

桜家
桜 家

 桜家の年末年始の予定を電話で確認すると年末は大晦日まで営業して、年始は元旦がお休み、2日からということだった。
大晦日の11時の開店時間に合わせ行くことにする。

 首都高も東名高速も順調で三島には10時前に着いてしまった。せっかくだから三島大社に参拝してから10時半前に桜家に行くと店の前に順番待ちの名簿があり、2組目だった。
店の前にとてもユニークな守衛?のおじさんがいた。どこから来たの?と聞かれ、千葉県と答えると。
東京や千葉からもたくさんお客さんが来るよ。最近は関西のから来る人が増えたよとか
手帳を見ながら昨日は650人お客さんが来たことなど面白おかしく話してくれる。
そうこうするうち、待っているお客さんは60人を越えた。開店時間を7分ほど過ぎて入店。

 料理を写真に撮る都合上、うなぎ重箱の2枚と4枚、うなぎ丼の2枚と3枚、白焼の大、鰻焼売、尾州巻を注文。店員さんが20〜30分待って白焼が出てから丼などが出るとのこと。

うなぎ丼(3枚)
うなぎ丼(3枚)

 後から来たお客さんにうなぎ重箱が提供されるのを横目でひたすら待ちます。結論から言うと待った甲斐がありました。最高のうなぎ納めでした。
posted by hisa at 17:46| Comment(0) | TrackBack(1) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

余白亭

 JR成田線・小林駅から本埜村役場の前を通り北印旛沼にかかる甚兵衛大橋に向かう途中にあります。白鳥飛来地入口の看板近くのT字路の角です。

 女将さんに営業時間を聞いたとき「11時半から2時頃までです。」「晩は?」「この場所で夜開けているのは辛いですよ。(笑い)」という会話があったくらい、申し訳ありませんが、はっきり言って辺鄙なところにあります。

懐石風鰻重 松
懐石風鰻重 松

 メニューは、懐石風鰻重 松(3000円) 竹(2700円) 白焼き(3000円) 白焼きだけ(2000円)です。懐石風鰻重 松と白焼きの単品を頼みました。

 懐石風鰻重とは、うなぎを待っている間に何品かの料理が付きます。うなぎの骨の煮た物から始まり、かぶと煮・きも煮・雑魚煮・蒲鉾の盛合わせ、野菜の煮物で鰻重と一緒にかに味噌豆腐、シジミの味噌汁、漬物、食後にさつま芋のはちみつ煮がデザートとして出ました。

白焼き
白焼き

 場所がら濃い味付けのワイルドな鰻をイメージしてしまいますが、さにあらず。料理は甘みはあるがさっぱりとした上品な味付けです。昼時、北印旛沼周辺にドライブに出かけたときの昼食にはお勧めです。
posted by hisa at 20:41| Comment(0) | TrackBack(1) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

鰻元

特重
特重

 食べログの千葉県うなぎランキングで白井市の鰻元さんが何と1位です。うなぎ大好きとして行くしかありません。
 北総開発鉄道・白井駅南口から白井郵便局の角を左折して道なりに750mほどで右カーブに差し掛かったところに鰻元の看板が見えてきます。正午頃、到着したのですが、店前の駐車スペースには車がいっはいです。店主の自宅らしき門の先に駐車して店内へ。

 すでに先客は5組。鰻メニューは特重・2500円、菊・2000円、松・1500円、竹・1200円の4種類。いったん、菊を頼んだものの、先週の経験から奮発して特重に変更。待つこと30分ほどで鰻重が到着しました。横幅が20cmほどあるお重の蓋を開けるとお重いっぱいの蒲焼きが・・・。注文のとき、「特重はかなりボリュームがありますよ。」といった言葉に間違いはなかった。

 口に入れるととろけるように柔らかし、しつこい感じがまったくしない。大きな鰻だけにしっかり蒸しを入れてあるのだろうか?タレもとてもさっぱりしていてボリュームのある蒲焼きでももたれることなく頂けた。だだし、香ばしさはちょっとものたりない。脂を落としすぎたのか、ガス焼きのためなのか?

 自分は、もう少し脂の乗ったウナギッシュな蒲焼きで外はパリッとしていて香ばしいのが好みだ。しかし、さっぱりとした鰻が好みの方にはお勧めのうなぎ屋さんだ。
posted by hisa at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

との村

うな重 上
うな重 上

肝吸いお新香
肝吸い お新香

 日本橋富沢町のとの村に行きました。地下鉄の人形町駅から歩きましたが、都営地下鉄の馬喰横山か東日本橋のほうが近いようです。久松警察署・問屋橋交番の近くの路地を入ったところにあります。

 先客はいかにもセレブそうなみのもんた風にいうならお嬢さん(^_-)2名。ご主人が生のうなぎを割いています。これは期待できるぞ!

 壁に貼ってあるお品書きには、うな重1600円、うな重(上)2000円、うな重(特上)2500円〜 とあります。悩んだ末、上をお願いして待つことしばし、おかみさんが漬物の用意をしています。いかにも自家製という漬物をタッパから取り出し盛り付けていきます。胡瓜、白菜、大根、奈良漬けもあります。ますます期待が高まります。

 ご主人が先客のうなぎを割き終えて、いよいよ自分のうなぎが・・・と見ていると白焼きしてあるうなぎを取り出し、店先にある焼き台へ。え、えぇっ生きうなぎから咲くのは、特上だけ・・・。しまった!特上にするんだった(>_<)

 ショックを受けていると、おかみさんがカンナを取り出し、鰹節を削ります。「古いといわれるけど、こうした方が香りが違いますからねぇ」と肝吸いの準備。

 ほどなく運ばれたうな重は、丁寧な仕事振りがうかがえ、美味しい物でしたが、隣の昔のお嬢さん方とうな重と比べると大きさもさることながら心なしか美味しさが違うような??

 「お客さんも肝吸い飲みます?」とおかみさん。御品書きに肝吸い100円と書いてあったから肝吸いは別注なのか!削りたての良い香りがするのでここは食いしん坊の性、「お願いします」具は肝に蒲鉾と三つ葉、鰹と柚子の香りするシンプルで美味しい肝吸いです。これで100円なら文句なし。お会計をお聞きすると2000円とのこと。肝吸いはサービスしてくれたのかなぁ・・・。

 今度伺った時は、絶対、特上を肝吸い付で頂きます!
posted by hisa at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

うなぎ太門

うなぎの太門のうな重定食

 Yahoo!グルメで昨(2007)年にオープンしたうなぎ屋さんと紹介されれいました。
JR常磐線・馬橋駅西口から徒歩10ぐらいでしょうか?馬橋小学校を通り過ぎ、ココスの先です。

 うなぎメニューはうなぎ丼定食1000円、うな重定食1500円、上うな重定食1800円とリーズナブルです。

 今回はうな重定食を頂きました。
posted by hisa at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

うなぎ安井家

うな重(B)
うまき

 うなぎ安井家は、うなぎとおいしいお酒というだけあっておいしい日本酒と焼酎が揃っている。うなぎ屋さんは夜の閉店時間が早いお店が多いのだが、うなぎ安井家は夜24:00まで営業しているのが嬉しい。(オーダーストップは23:30)だからお酒を飲みながらゆっくりうなぎ料理に舌鼓を打てる(^.^)

 うまきは、うなぎ屋さんの定番のつまみであるが、こちらのう巻きは一押し!玉子焼きの中に三つ葉が入っており、中の刻み蒲焼きの濃厚な味と良いコントラストになっている。

 蒲焼きに関して私の好みは、身の表面にはタレが染み込んでおり、中はふわぁとしていて香ばしく焼き上げられたものが良い。ただし、これは江戸前風とか関東風とか言われる場合。関西風地焼きはタレが身にしみてカリッと香ばしいものも好みである。

 さて、うなぎ安井の蒲焼きは、関東風であるがタレの染み込み具合が関西風の赴きも感じる。お酒の後のシメとしては、うな重よりむしろこちらのメニューであれば、刻み煮うなぎのひつまぶし風で頂く方が、ベターな選択かもしれない。タレの染み込んだご飯は、抜群に美味しいのでこれも捨てがたい。
posted by hisa at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

うなぎ根本

うなぎ根本
うな重 上

 うなぎ根本のうな重・上は、この大きさで1800円である。ごく普通の大きさの重箱に蒲焼きが重なるように乗っている。うなぎの身も厚く、ふっくらしている。特上を頼むと以前は、さらに大きな蒲焼きが乗っていたが、隣のテーブルで特上を頼んだ方を拝見する(失礼m(__)m)と上と同じサイズの蒲焼きが3枚乗っている!!これで300円増しの2100円!リーズナブルこの上ない!決して便利な場所とはいえない立地で平日なのに席が空くと入れ替わるようにお客さんが入ってくる。

 口に入れるとホクホク柔らか、備長炭で焼き上げられた香ばしい香りが鼻腔をくすぐる。濃厚なタレを身に纏っているが、身が厚いのでしつこく感じられない。お気に入りのうなぎ屋さんのひとつである。

 
posted by hisa at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

埼玉県吉川市の江戸一

 江戸一のうな重

 「うなぎ大好き掲示板」に天然うなぎ採って鱒さんや舩橋のポン太さんからマニアックなうなぎ屋さんとの書き込みがあり、非常に興味がわき、行ってまいりました。

 ポン太さんのおっしゃるように農家の納屋をお店にしている感じです。地焼きの蒲焼きもワイルドですが、肝焼きも肝のほろ苦さがたっぷりで結構いけます。
posted by hisa at 16:46| Comment(0) | TrackBack(2) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

元祖うなよし

元祖うなよし 上うなぎ丼

 昨日は愛知初見参でしたが、今日は静岡県に「うなぎ大好き」初見参です!
 静岡・三島と言えばうなぎどころです!その中でも「桜家」とならぶ名店「元祖うなよし」でうなぎ丼を頂きました。
posted by hisa at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

デンマークまぶし

デンマークまぶし

 「うなぎ大好き」が愛知県初見参です!!
 お訪ねしたのは、愛知県安城市の「吉野屋」さん。HPを拝見して「デンマークまぶし」に興味を惹かれたからです。
 詳しいレポートは「うなぎ大好き」でご覧下さい(^_-)
posted by hisa at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

かねやす@土浦

うな重@かねやす 

 茨城県土浦市の旧新治村藤沢団地という住宅地にある隠れ家的なうなぎ屋さん「かねやす」のうな重です。ベテラン職人ご夫妻が心を込めて丁寧に調理されています。
posted by hisa at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

川信@桜新町

 重ねうな重

 午前中、田園都市線「駒沢大学駅」近く用事あり昼食は隣の「桜新町駅」にある「川信」でとりました。
川信はサザエさんの作者・長谷川町子さんが生前贔屓にしていたお店として有名です。
 ランチタイムはうな重が1050円、重ねうな重(いわゆる中入り)が1995円です。
 迷わず憧れの重ねうな重を注文しました。サービスメニューのため、確かに小振りの蒲焼きですが、ご飯の中から鰻が現れると、わかっていても嬉しいですね。
posted by hisa at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

千葉市でうなぎ

上鰻重@うなぎ安田 うな重・特@をざわ


 先週の神田でうなぎに引き続きというわけでもないのだが、今週は千葉でうなぎ屋さんのはしごです。
先週提出した確定申告もそうですが、この時期昨年分の提出書類が多い。今日は千葉県庁に書類の提出です。郵送でもよかったのですが、千葉市のうなぎ屋さんに寄るついでもありますから…(^_-)
 まず1軒目は、県庁から県警本部の前を通り、道向こうにある「うなぎ安田」です。
 明治4年創業といいますから140年近い歴史があります。こちらはレストランと離れ座敷に分かれていて離れ座敷の入口は風格を感じます。
 2軒目は、三井ガーデンホテルの近くにある「をざわ」です。
メニューを見ると定番のうな重、蒲焼きからひつまぶしの上に錦糸玉子と蒲焼きがのったうなぎ三昧丼などがあり迷ってしまいます。
お酒、焼酎におつまみのメニューも豊富で左党、鰻党には有り難いお店です。
posted by hisa at 13:10| Comment(1) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

神田で食べ歩き

築地丸正 うなぎ処 おお葉

 自営で仕事をしているものにとって、この時期の難題は「確定申告」です。最近は電子申告を奨励しているようですが、本人確認のために住基ネットカードを取得しなければならず、あまり気が進みません。それはさて置き、本日、税務署に確定申告書や決算書類を提出してきてホッとしました。

 風は強いけれど天気も回復したのでTXに乗って一路秋葉原へ。私の大好きな三木聡監督の映画「転々」よろしく東京をお散歩としゃれ込みましたが、一駅歩いて神田でうなぎ屋さんをはしごとあいなりました。行って来たのは、ポン太さん推薦の「築地丸正」と屋号変更のお知らせを頂いた「うなぎ処 おお葉」です。
posted by hisa at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。