2005年10月31日

浅草おでん大多福

大多福 昨日は、上野公園の「伊豆栄梅川亭」遅い昼食を食べた後、バッグを見にアメ横に行きました。しかし、人に酔い易く、ブランド物信仰が全くないうなぎ大好き夫婦は早々にアメ横から撤収して浅草へ移動しました。以前、新仲見世でノーブランドの品の良いバッグを売っているお店を見かけたのでその記憶を頼りに行ってみると・・・。お蔭様で良いバッグが手に入りました。(^.^)V
 すっかり気分の良くなったうなぎ大好き夫婦は、観音様をお参りしてから美味しいものを食べに・・・。浅草寺から花やしき裏を抜けて、言問通りに出て入谷方面へ、西浅草3丁目交差点を過ぎると大きな提灯が目に入ります。そう、「浅草おでん大多福」です。

大多福のおでん 美味しいおでんを堪能しながらこちらのご主人の接客の妙に感じ入ってしまいました。
 左隣の若いお客さんが一度にたくさん注文しようとすると、3つめぐらいで「そのくらいにしておきましょうか?またお伺いしますから」とたしなめながらも美味しく召し上がってほしいというニュアンスがこちらにも伝わってきました。
 また、若いお嬢さんが店内をデジカメで撮っていてお客さんにレンズを向けそうになった時はすかさず「人は撮らないで下さい!」とピシャリ、有無をも言わせない中にお客さんを護る姿勢が込められており、言われた方も素直に反省できる言い方に聞こえました。
 それから右隣にいらした年配のご夫婦のお話です。ご主人が注文したものを「私も同じ物を」と注文される奥様。ご主人が「美味しいなぁ」と言うと、奥様が「美味しいですねぇ。」自然な夫唱婦随がにじみ出ていてホンワカした気分になりました。「あんなおじいちゃんおばあちゃんになりたいね。」と、どちらからともなく言っていました。
 良いお店で良い気分になったお話でした。
posted by hisa at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8795513

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。