2009年07月15日

築地の丸静

 午後から築地本願寺で法要があったので前から行ってみたかった「丸静」でお昼をとることにした。晴海通りの牛丼の吉野家・築地東店の角を曲がると黄色地に黒文字のうなぎ蒲焼きの幟のあたりには、行列が・・・。ちょうど正午を頃なので仕方がないと歩を進めると並んでいるのはお隣の「かつ平」のお客さん?・・・。いえいえ丸静の前にも先客がいらっしゃいます。さすが丑の日間近ですね。

白焼
白 焼

 注文は、来る前から決めていたんです。白焼とうな重の尊。どうしてかって?食べログの丸静の料理写真へ登録がまだなかったからですわーい(嬉しい顔)

 白焼は、おろし生姜と山葵が付いてきます。あとでご主人に聞いたところでははじめはおろし生姜だけだったそうですが、ネットで山葵がないという書き込みがあったので両方つけてしまったそうです。江戸下町の気さくな親父さんという雰囲気のご主人なら「べらぼうめぇ」って感じだったのかな
 生姜に負けない鰻が出せる自信があってのことだと食べて判りましたよexclamation×2

うな重 尊
うな重 尊

 ほとんどのお客さんは、蒲焼き3枚の「連」か「臣」を注文。一人でここのボリュームたっぷりの蒲焼き4枚はきついかも 相当の大食漢か鰻に飢えている人意外は3枚が限度ですよね。うちらも2人で白焼と蒲焼合わせて3枚ですからね。

 帰り際にご主人と女将さんが「忙しくて相手できなくてごめんね。この時期以外なら1時を過ぎると空くからさ。」 また、行くしかないでしょわーい(嬉しい顔)るんるん
posted by hisa at 22:47| Comment(1) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!

朝からとんでもない物を見てしまいました(笑)

本当に美味しそうです、私も鰻には目がないものでや〜ぁ、たまりません。

私は東京住まいですが先日、横浜にあるうな平さんと言う鰻屋さんに行ってきたところです。

食べログには美味しいと書き込みが沢山あったので行ってきましたが殆ど地元の人は入っていませんでした。

近くにオヒスビルがあるのか若い女性が2,3人だけでした。

保土ヶ谷駅から歩いて行ったのですが途中で分からなくなって地元の人に聞いてたどり着きましたが建物の外形はあ〜ぁ、うなぎ屋さんとわかりましたが、それにしては鰻の香ばしさが外からも感じなく看板が出てなければ本当の鰻屋さんとわからなかったです。

首をかしげながら店に入っても鰻を焼いている香ばしさもなかったですね!

店の中にはブログにあった魚拓がありましたが私の感じでは創業何年と言うよりまだ30年そこそこだと思います。

まずは注文をと思い、うな丼を頼みましたが、出てきた鰻さんを見てびっくりご飯の上にうなぎさんが恥ずかしそうに横たわっていました。

や〜ぁ、小さい・・

     思わず。。絶句 。。

今まで、見たことがない。。 。。

タレも癖になる味などと色々コメントが書き込んであるけどわざわざ横浜まで来なくてもよかったと今更ながら後悔しています。

鰻の味!!  鰻の表面はタレでよく分からなかったのですが鰻の身は肉厚も無く味も淡白でした
、鰻は高価で中々食べる機会がないので美味しかったと・・感情が入ったコメントをだしているのはわかりますけど。

タレの味もデザートにかけるのでないのでいけませんね〜ぇ、このお味は・・

お名前もうな平さんとあるのですから頑張って下さい、そうそうここでは鰻をさばいていませんでした。

今度、そちらの鰻さんを食べに行きたいですもうそろそろ夏ですから。

辛口のよしさんでした。
Posted by よし at 2012年05月20日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123575596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。