2008年11月05日

との村

うな重 上
うな重 上

肝吸いお新香
肝吸い お新香

 日本橋富沢町のとの村に行きました。地下鉄の人形町駅から歩きましたが、都営地下鉄の馬喰横山か東日本橋のほうが近いようです。久松警察署・問屋橋交番の近くの路地を入ったところにあります。

 先客はいかにもセレブそうなみのもんた風にいうならお嬢さん(^_-)2名。ご主人が生のうなぎを割いています。これは期待できるぞ!

 壁に貼ってあるお品書きには、うな重1600円、うな重(上)2000円、うな重(特上)2500円〜 とあります。悩んだ末、上をお願いして待つことしばし、おかみさんが漬物の用意をしています。いかにも自家製という漬物をタッパから取り出し盛り付けていきます。胡瓜、白菜、大根、奈良漬けもあります。ますます期待が高まります。

 ご主人が先客のうなぎを割き終えて、いよいよ自分のうなぎが・・・と見ていると白焼きしてあるうなぎを取り出し、店先にある焼き台へ。え、えぇっ生きうなぎから咲くのは、特上だけ・・・。しまった!特上にするんだった(>_<)

 ショックを受けていると、おかみさんがカンナを取り出し、鰹節を削ります。「古いといわれるけど、こうした方が香りが違いますからねぇ」と肝吸いの準備。

 ほどなく運ばれたうな重は、丁寧な仕事振りがうかがえ、美味しい物でしたが、隣の昔のお嬢さん方とうな重と比べると大きさもさることながら心なしか美味しさが違うような??

 「お客さんも肝吸い飲みます?」とおかみさん。御品書きに肝吸い100円と書いてあったから肝吸いは別注なのか!削りたての良い香りがするのでここは食いしん坊の性、「お願いします」具は肝に蒲鉾と三つ葉、鰹と柚子の香りするシンプルで美味しい肝吸いです。これで100円なら文句なし。お会計をお聞きすると2000円とのこと。肝吸いはサービスしてくれたのかなぁ・・・。

 今度伺った時は、絶対、特上を肝吸い付で頂きます!
posted by hisa at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。