2008年10月28日

うなぎ安井家

うな重(B)
うまき

 うなぎ安井家は、うなぎとおいしいお酒というだけあっておいしい日本酒と焼酎が揃っている。うなぎ屋さんは夜の閉店時間が早いお店が多いのだが、うなぎ安井家は夜24:00まで営業しているのが嬉しい。(オーダーストップは23:30)だからお酒を飲みながらゆっくりうなぎ料理に舌鼓を打てる(^.^)

 うまきは、うなぎ屋さんの定番のつまみであるが、こちらのう巻きは一押し!玉子焼きの中に三つ葉が入っており、中の刻み蒲焼きの濃厚な味と良いコントラストになっている。

 蒲焼きに関して私の好みは、身の表面にはタレが染み込んでおり、中はふわぁとしていて香ばしく焼き上げられたものが良い。ただし、これは江戸前風とか関東風とか言われる場合。関西風地焼きはタレが身にしみてカリッと香ばしいものも好みである。

 さて、うなぎ安井の蒲焼きは、関東風であるがタレの染み込み具合が関西風の赴きも感じる。お酒の後のシメとしては、うな重よりむしろこちらのメニューであれば、刻み煮うなぎのひつまぶし風で頂く方が、ベターな選択かもしれない。タレの染み込んだご飯は、抜群に美味しいのでこれも捨てがたい。
posted by hisa at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。