2009年07月22日

うなぎ御蒲焼き所 鰻家の特上には脱帽

 19日の丑の日はファミマのうな重だったので美味いうなぎが食べたい欲求が高まっている。
  翌日、南長崎の「うなぎ御蒲焼所 鰻家」へ予約の電話を入れた。女将さんが出るものだと思っいたら男の人が出た。どうやらご主人のようだ。 ネットでは怖いとか愛想がないといった声があるが全くそんなことはなく、すごく丁寧な対応だった。 当日の朝も予約確認の電話まで頂いて恐縮してしまった。 予約時間を30分早めてくれるようお願いすると白焼きに時間がかかるので少しお待たせしてもよろしければとのこと。 うなぎ屋さんでは待つのが当たり前、よろしくお願いしました。
 予約時間の丁度に暖簾をくぐり、小上がりに腰を下ろし、待つのを考慮してビールをお願いするときも焼きがすぐだされた。レバーなどを芯に丁寧に刺されたおおぶりの物だ。ほろ苦さと噛み応えのバランスがいい。 まず一人用のすり鉢に入った白焼きのタレが運ばれた。削り節の入った出汁醤油らしい。白焼きは大きな角皿に串に刺さった状態で提供される。
 
白焼
白 焼
 まず、何もつけずに白焼を食べる。鰻の脂の甘みと旨みが口の中にふぁーと広がる。山葵をのせてタレにつけるとまた違った味わいが、旨みが引き立つようだ。
 
白焼に山葵をのせてタレにつけて
白焼に山葵をのせてタレにつけて
 
 うな重の特上のお出ましだ。きりりとしまった辛口のタレだが、最後に甘みが広がる何とも言えない上品かつ美味しいタレだ。鰻の旨さも存分に引き立てている。また、焼き方の絶妙だ。皮はカリカリッと香ばしく、身はふっくらと柔らかい。
 
うな重・特上
うな重・特上
 
 今日頂いたのは、愛知一色産だそうだ。帰りに立場を見せて頂いたが、特上とそれ以外の鰻は活鰻を見ただけで違うと分かる青みがかった丸々とした上物だ。時期にあわせて最上のものを用意しているのだろう。時価という値付けも納得が出来る。ちなみに今日の白焼、うな重ともに特上のお値段は5000円+消費税。
 
愛知一色産の活鰻
愛知一色産の活鰻
posted by hisa at 18:38| Comment(2) | TrackBack(3) | うなぎ食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。